決算:ONTO 2024Q1

決算

オントゥ・イノベーション(ティッカー:$ONTO)の2024年度第1四半期決算についてまとめます

finviz dynamic chart for ONTO

決算概要

アナリスト予想平均と結果の比較をまとめます。

結果予想判定
EPS$1.18$1.08
売上高$228.9M
(YoY +14.9%)
$222.6M
ガイダンス
2024Q2EPS
$1.20
($1.14~$1.26)
$0.39
ガイダンス
2024Q2売上高
$235M
($230M~$240M)
$226.8M

業績ハイライト

2024年第1四半期決算ハイライト

  • 売上高は前年同期比15%増の2億2,900万ドル、ガイダンスレンジの上限
  • EPS(1株当たり利益)は前年同期比28%増の1.18ドル
  • 営業キャッシュフローは5,700万ドル、売上高の25%
  • スペシャリティデバイス&アドバンストパッケージング部門の売上高は前年同期比64%増で3四半期連続の記録
  • ドラゴンフライシステムの売上高は前四半期比30%増、ほぼ全てAIデバイス向けパッケージング能力拡大によるもの

2024年第2四半期のガイダンス

  • 売上高は2億3,000万ドル~2億4,000万ドルを予想
  • 売上総利益率は52%~54%に改善する見込み
  • 営業費用は6,200万ドル~6,400万ドルを予想
  • 通期の実効税率は14%~16%を予想
  • 非GAAPベースのEPSは1.14ドル~1.26ドルを予想

2024年の重点施策と見通し

  • 第3四半期・第4四半期に複数の生産性改善施策を予定しており、さらなる利益率向上を図る
  • メトロロジー製品の売上拡大と、リソグラフィーシステムの売上総利益率改善を見込む
  • 第2四半期も引き続きAIコンピューティング向けの需要が堅調に推移し、ドラゴンフライシステムの売上高は記録的水準を維持する見通し
  • 第2四半期の電力半導体向け売上高は成長し、記録に近い水準まで回復する見通し
  • 下期は上期よりも売上高が増加し、2025年に向けて良好なモメンタムとなる見通し

質疑応答ハイライト

Craig Ellisからの質問:アドバンストノード事業の回復について

  • NANDでは全てのサプライヤーがアトラスOCDを使用しており、高スタック3D NANDを開発している企業はアスペクトを採用している
  • アスペクトとアトラスOCDは、エレベーターシャフトの側壁角度やチルトなど、複数のパラメーターの測定に関連している
  • ロジックではゲートオールアラウンドの重要性を語り始めた際に開拓した市場ポジションの継続的な普及が見られる
  • 受注はアトラスOCDとアイリスプレーナーフィルムの両方を含んでいる
  • ウェーハーの薄さに関連した新しい機会があり、第2四半期から出荷が開始される
  • 新しいセンサー技術のサイジングはサンプリングレートによって異なるため、具体的な規模を示すのは時期尚早だが、顧客からの関心は高い
  • 下期の成長率は3~7%程度の見通し

Brian Chinからの質問:パッケージング事業の需要見通しについて

  • 以前は第2四半期にダイジェスト期間を予想していたが、受注や議論のペースから見て、より緩やかなダイジェスト期間となる可能性がある
  • 第2四半期は記録的な水準を維持し、第3四半期と第4四半期についてはタイミングが不明確だが、案件の前倒しの傾向がある
  • スペシャリティデバイスは第1四半期は予想よりも弱かったが、第2四半期以降は遅延の挽回などにより改善する見通し
  • 2025年の需要については、AI向けパッケージングを提供する顧客との協議はすでに始まっているが、通年での影響を言及するのは時期尚早
  • アドバンストノードは2025年にはより意味のある改善が見込まれる

Charles Shiからの質問:NANDの回復と先端パッケージング事業の動向

  • ドラゴンフライの売上高は前年同期比60%増、前期比30%増。第2四半期までにほぼ全ての2億3,000万ドルの受注を完了する見込み
  • その後も受注は継続しており、ダイジェスト期間は以前の予想よりも短くなると考えているが、具体的なタイミングは不明
  • NANDではAIサーバー向けの高性能SSDの需要増加が見られる。技術移行に伴う需要であり、工場拡張ではないと考えている
  • ゲートオールアラウンドについては、18ヶ月以上前から複数のメーカーから受注を獲得しており、立ち上がりを控えている状況が続いている
  • アドバンストパッケージングのリードタイムは3~6ヶ月で変化なし。第3四半期のダイジェストは主に受注残に基づいている

David Duleyからの質問:先端パッケージング向けリソグラフィとガラス基板の採用について

  • アプリケーションの広がりは不明だが、高性能コンピューティング向けが大半を占めると考えられる
  • 新規顧客の獲得や、既存顧客での新ラインや新工場への展開が進んでいる
  • ガラス基板は、高密度なチップレット設計や微細なRDL配線に適しており、GPUの先端パッケージングにも有効
  • 量産には基板サイズをウェーハからパネルに移行する必要があり、PACEアプリケーションセンターではエコシステム全体と協力して課題解決に取り組んでいる

Vedvati Shrotreからの質問:受注動向、下期の見通し、マージンについて

  • ドラゴンフライのリードタイムは3~6ヶ月で変化なし。下期の予想はある程度の仮説に基づいており、変更の可能性もある
  • HBMとロジックパッケージングが大部分の売上高を牽引。HBMとnon-HBMで受注動向に大きな違いはない
  • スペシャリティデバイスは顧客各社の設備投資削減にもかかわらず、歩留まり改善のためのプロセス管理の需要により成長が続く見通し
  • アドバンストノードは四半期ごとの順次成長が見込まれる
  • 新製品の貢献とサプライチェーン施策により、通期で売上総利益率の改善を見込む

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。 ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kgs-invest.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。
タイトルとURLをコピーしました