決算:NVDA 2025Q1

決算

エヌビディア(ティッカー:$NVDA)の2025年度第1四半期決算についてまとめます

finviz dynamic chart for NVDA

決算概要

アナリスト予想平均と結果の比較をまとめます。

結果予想判定
EPS$6.12
(YoY +461%)
$5.65
売上高$26.04B
(YoY +262%)
$24.69B
ガイダンス
2025Q2売上高
$28.0B
($27.44B~$28.56B)
$26.88B

業績ハイライト

記録的な業績

  • 第1四半期の売上高は260億ドルで、前年同期比262%増加し、240億ドルの予想を大幅に上回った
  • データセンター売上高は226億ドルで四半期ベースで過去最高を記録し、前年同期比427%増加した
  • ゲーミング事業の売上高は26.5億ドルで、前年同期比18%増加した

AIによる需要の高まり

  • ChatGPTやGPT-4oなどの大規模言語モデル(LLM)によってGPUの需要が急増している
  • Meta、Tesla、OpenAIなどの大手企業がNVIDIAのAIインフラに大規模投資している
  • 主権国家のAIインフラ需要も高まっており、日本、フランス、イタリア、シンガポールなどが投資している

次世代プラットフォーム「Blackwell」への移行

  • 次世代AIプラットフォーム「Blackwell」は既に量産段階に入っており、第2四半期から出荷開始予定
  • Blackwellは液冷と空冷の両方に対応し、x86とGraceのCPU、InfiniBandとEthernetのネットワークなど、様々な構成に対応可能
  • H100からH200、BlackwellへのスムーズなトランジションとHopperとの後方互換性を実現

将来の成長に向けた布石

  • 毎年新しいGPUアーキテクチャをリリースするペースを維持
  • Spectrum-XでEthernetベースのデータセンターにもAIを導入可能に
  • NVIDIA Inference Microservices (NIM) で最適化されたコンテナをクラウドとオンプレミスで提供
  • OmniverseやDRIVE Thorなどの垂直統合ソリューションで新市場を開拓

質疑応答ハイライト

Blackwellの生産と出荷時期について

  • Blackwellは既に量産段階に入っており、第2四半期から出荷開始予定
  • 第3四半期にかけて出荷量が増加し、第4四半期には顧客のデータセンターで稼働開始の見込み
  • Blackwellは様々な構成に対応しており、H100からH200、Blackwellへのスムーズな移行が可能

需要増加に伴うGPU供給の優先順位について

  • 現在、全てのデータセンターでGPUの需要が非常に高く、供給が追い付いていない状況
  • ChatGPTやGPT-4oなどの大規模言語モデル(LLM)によってGPUの需要が急増している
  • AIスタートアップや主権国家のAIインフラ需要も高まっており、システムを早急に立ち上げることが求められている
  • 顧客との契約を尊重しつつ、可能な限りのリソースを割り当てている

中国市場での競争環境について

  • 中国での売上高は、過去の水準から大幅に減少している
  • 技術的な制限により、中国市場ではより競争が激しくなっている
  • 中国の顧客にできる限りのサービスを提供するよう努めている

技術革新のペースと今後の方向性について

  • 毎年新しいGPUアーキテクチャをリリースするペースを維持していく
  • InfiniBand、Ethernet、NVLinkの3つのリンクを強化し、より高速なネットワークを実現
  • 新しいCPU、GPU、ネットワークNIC、スイッチなどを継続的に開発
  • CUDAとソフトウェアスタックにより、投資を無駄にせず常に最新のパフォーマンスを提供

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。 ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kgs-invest.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。
タイトルとURLをコピーしました