決算:CRM 2024Q1

決算

セールスフォース(ティッカー:$CRM)の2024年度第1四半期決算についてまとめます

finviz dynamic chart for CRM

決算概要

アナリスト予想平均と結果の比較をまとめます。

結果予想判定
EPS$2.44$2.37
売上高$9.13B
(YoY +10.7%)
$9.15B×
ガイダンス
2024Q2売上高
$9.225B
($9.20B~$9.25B)
$9.34B×
ガイダンス
通年売上高
$37.85B
($37.7B~$38.0B)
$38.0B×

業績ハイライト

第1四半期の業績

  • 売上高は91.3億ドル、前年同期比11%増(実質および為替換算後ベースで11%増)
  • サブスクリプションおよびサポート収益は、前年同期比12%増(実質ベースで13%増)
  • 第1四半期の非GAAP営業利益率は32.1%で、前年同期比450ベーシスポイントの改善
  • 第1四半期のオペレーティング・キャッシュフローは62.5億ドル、前年同期比39%増
  • 第1四半期のフリー・キャッシュフローは61億ドル、前年同期比43%増

2025会計年度通期の見通し

  • 売上高は377億ドルから380億ドルの範囲で据え置き(前年比8%から9%の成長)
  • サブスクリプションおよびサポート収益は、実質ベースで前年比約10%の成長を見込む
  • 2025会計年度の非GAAP営業利益率は32.5%を見込み、前年比200ベーシスポイントの改善を見込む
  • 2025会計年度のオペレーティング・キャッシュフローは前年比21%から24%の成長を見込む
  • 2025会計年度のフリー・キャッシュフローは前年比23%から26%の成長を見込む

質疑応答ハイライト

マクロ環境と事業の見通しについて

  • 第1四半期の業績は予想を下回ったが、通期のガイダンスは据え置いている
  • 顧客の慎重な購買行動は過去2年間と同様の傾向が継続しているが、一方でデータクラウドや業界別ソリューションの需要は堅調
  • セールスフォースの製品に対する需要は引き続き強く、マルチクラウドの採用やパッケージの変更によるメリットも見込まれる
  • 解約率は8%台で安定しており、顧客はセールスフォースに業務を依存し続けている

人工知能(AI)への取り組みについて

  • 企業にとってAIを機能させるために最も重要なのは、顧客データとそのメタデータであり、セールスフォースは世界最大級の膨大な顧客データを管理している
  • データクラウドは、顧客にAIを適用するための重要な基盤となっており、全てのクラウドをつなぐ役割を果たしている
  • セールスフォースは、AIを自社製品に統合し、従業員の生産性を高めている
  • 他社と提携し、ゼロコピーのデータ連携を実現することで、顧客企業のAI活用を支援している

M&Aの方針について

  • セールスフォースは、イノベーションのためにM&Aを活用してきた実績がある
  • 今後のM&Aにおいては、顧客にとって付加価値があり、財務的にもプラスの影響があるものに注力する
  • 大規模なM&Aを検討する際は、株主価値を最大化するために、バランスシートの健全性やキャッシュフローへの影響を慎重に見極める
  • 一方で、有望な企業が見つかれば、従来の方針に沿ってM&Aを活用していく方針に変わりはない

営業組織の変更と販売パイプラインについて

  • 第1四半期は、営業組織の変更による影響もあり、ブッキングスが軟調だった
  • 営業組織の変更は、長期的な生産性向上と顧客体験の改善を目的としたもので、第2四半期以降にその効果が表れると考えている
  • 現在の事業環境では、期初の販売パイプラインを従来の2倍から3倍に増やす必要がある
  • セールスフォースの営業担当者に対しては、AIやデータに関する教育を強化し、お客様に新しい価値を提供できるようにしている

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。 ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kgs-invest.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。
タイトルとURLをコピーしました