決算:SYK 2024Q1

決算

ストライカー(ティッカー:$SYK)の2024年度第1四半期決算についてまとめます

finviz dynamic chart for SYK

決算概要

アナリスト予想平均と結果の比較をまとめます。

結果予想判定
EPS$2.50$2.36
売上高$5.2B
(YoY +9.7%)
$5.11B
ガイダンス
通年売上高
$11.95B
($11.85B~$12.05B)
$11.85B

業績ハイライト

業績ハイライト

  • 第1四半期の売上高は10%の有機的成長を達成。MedSurgとNeurotechnologyでは二桁成長、OrthopaedicsとSpineでは高い一桁台の成長
  • 米国市場の力強いパフォーマンスが業績を牽引。特にInstruments、Medical、Endoscopy、Trauma and Extremities、Makoが好調
  • 国際市場も前年同期比で再び力強い二桁成長。今後成長率は加速の見通し
  • 調整後EPSは前年同期比16.8%増の$2.50。力強い売上高の伸びと利益率の拡大が寄与

通期見通し

  • 通期の有機的売上高成長率見通しを8.5%~9.5%に上方修正
  • 調整後EPS見通しを$11.85~$12.05に引き上げ
  • 2022年の9.7%成長、2023年の11.5%成長に続き、高い成長の持続性を示す。商業的な強みと豊富な製品パイプラインが寄与
  • 2025年までに営業利益率を200ベーシスポイント拡大する目標の達成が視野に

質疑応答ハイライト

手術件数とキャピタル製品の需要について

  • 手術件数は第1四半期も期待通りの高水準を維持。ロボット支援手術の普及、人口動態、安定した価格環境、活発な患者の手術需要が寄与
  • キャピタル製品の需要は好調。EndoscopyとMedical部門で受注残が高水準
  • Makoの直接患者向けキャンペーンが好調。米国と国際市場の両方で第1四半期の設置台数が記録的水準

新製品について

  • 4月にTrauma and Extremities部門のPangea plating systemで最初の症例を実施。外傷治療史上最大の製品投入
  • LIFEPAK 35除細動器とモニターがFDAの承認を取得。Medical部門の主力製品
  • Mako SpineとCoPilotは第4四半期に発売予定。その後、年末に肩関節用アプリケーションを投入予定

セグメント別業績について

  • MedSurg and Neurotechnologyは11.6%の有機的成長。米国で13.5%、国際市場で6%
  • Instrumentsの米国有機的成長率は19%。Orthopaedic InstrumentsとSurgical Technologiesの両事業で二桁成長
  • Endoscopyの米国有機的成長率は11.1%。communicationsとEndo BU事業が二桁成長
  • Medicalの米国有機的成長率は16.8%。3事業すべてが好調
  • Neuroの米国有機的成長率は2.9%。Neurovascularのステントとガイドワイヤーが堅調
  • Orthopaedics and Spineの有機的成長率は8%。米国で8.3%、国際市場で7.4%
  • 米国の股関節は6.8%の有機的成長。初回手術の好調が継続
  • 米国の膝は3.1%の有機的成長。ロボット支援膝手術でのリーダーシップと設置台数の増加が寄与
  • 米国のTrauma and Extremitiesは10.3%の有機的成長。上肢、生物学的製品、コアトラウマ事業が好調
  • 米国の脊椎は3.9%の有機的成長。Interventional Spine事業が牽引
  • 米国のその他整形外科は45.6%の有機的成長。Makoの設置台数増加が寄与

営業利益率について

  • 調整後の売上総利益率は63.6%で前年同期から約50ベーシスポイント改善。価格のプラス影響と一部コスト圧力の緩和が寄与
  • 調整後の研究開発費は売上高の6.8%で前年同期から30ベーシスポイント増加
  • 調整後の販売管理費は売上高の35%で前年同期から60ベーシスポイント減少。支出規律の継続と成長投資が奏功
  • 調整後の営業利益率は21.9%で前年同期から約80ベーシスポイント改善

Makoについて

  • 競合との競争上の理由から具体的な数字は開示しないが、競合アカウントへのMako設置が大きな勝利
  • Mako Spineは2つの部分からなる。1つはロボット本体とペディクルスクリューのガイダンス用アタッチメント。もう1つはすでに販売中のQガイダンストレイ
  • CoPilotはディスクの切除と骨の切削をハプティックフィードバック機能で行う
  • Mako Shoulderは年末に発売予定

PangeaとLIFEPAK 35について

  • Pangeaは従来の core trauma事業の弱点だった plating分野を強化する大型新製品
  • LIFEPAK 35は20年ぶりの大型除細動器の新製品投入。巨大な買い替え需要が見込まれる
  • Pangeaは第3四半期から業績に影響。LIFEPAK 35は今年はわずかな影響にとどまるが、来年以降2~3年は大きく業績に貢献する見通し

国際市場のMakoについて

  • 国際市場のMakoは5~6年前の米国市場と同様の軌跡をたどっている
  • インド、日本、欧州、中国、韓国で導入が加速。特に韓国は急速に伸びている
  • Makoの設置はインプラントの売上成長の先行指標。今後数四半期にわたり高成長が続く見通し
  • インドは世界でMakoの稼働率が最も高い

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。 ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kgs-invest.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。
タイトルとURLをコピーしました