決算:GE 2024Q1

決算

GEエアロスペース(ティッカー:$GE)の2024年度第1四半期決算についてまとめます

finviz dynamic chart for GE

決算概要

アナリスト予想平均と結果の比較をまとめます。

結果予想判定
EPS$0.82$0.65
売上高$16.1B
(YoY +11%)
$15.24B
ガイダンス
通年EPS
$3.925
($3.80~$4.05)
$3.76
ガイダンス
通年売上高
$6.4B
($6.2B~$6.6B)
$6.25B

業績ハイライト

第1四半期決算のハイライト

  • 受注が34%増、売上高が15%増と二桁の伸び率
  • 営業利益は24%増の15億ドル、利益率は140bps改善
  • フリーキャッシュフローは前年同期比で倍増
  • サービス事業が特に好調で、予備部品の売上高が社内修理よりも高い伸び

2024年通期見通しの上方修正

  • 営業利益見通しを62-66億ドルに引き上げ
  • 利益率は約50bpsの改善を見込む
  • フリーキャッシュフローは50億ドル超の見通し

アフターマーケットの追い風

  • 旅客需要の回復に加え、貨物需要も予想を上回る
  • ワイドボディ機の稼働率向上がサービス収入を押し上げる見通し
  • 好調なアフターマーケットは2025年以降の利益率押し上げ要因にも

次世代エンジン開発の進展

  • RISEプログラムでは燃費を20%改善することを目指す
  • 低圧ファンのテストで良好な結果
  • シコルスキーとハイブリッド電気推進システムの開発で提携

質疑応答ハイライト

LEAPエンジンの生産計画下方修正について

  • 当初の見通しから10-15%増に下方修正した主因は、サプライチェーンの制約
  • ボーイング737MAXの減産計画も影響
  • 主要サプライヤー15社に550人超のエンジニアを派遣し、生産性の改善に取り組んでいる
  • GEはボーイングと緊密に連携し、LEAPエンジンの生産を適切な水準に調整

アフターマーケットの需要動向と見通し

  • 旅客需要は引き続き堅調で、2024年の離着陸回数は高単位の一桁台の増加を予想
  • 当初はマイナスの見通しだった貨物需要も、ロシンゲル程度のプラスに転じる見込み
  • 貨物需要の回復はワイドボディ機の稼働率向上につながり、サービス収入を押し上げる
  • アフターマーケットの好調は2025年以降も続き、利益率の押し上げ要因になりそうだ

次世代エンジン開発プログラム「RISE」の進捗

  • RISEプログラムでは燃費を20%改善することを目指している
  • 低圧ファンのテストで良好な結果が出ており、技術的なマイルストーンをクリアしつつある
  • シコルスキーとの提携では、ハイブリッド電気推進システムの設計を進めている
  • 次世代エンジンの開発を通じて、GEは業界をリードする技術を追求していく方針

2028年までのキャッシュフロー目標

  • 2028年までにフリーキャッシュフロー変換率100%を目指す
  • そのためにリースエンジンからT&M(Time and Material)契約へのシフトを進め、キャッシュ創出力を高める
  • 第1四半期は運転資本の改善がキャッシュフローを押し上げた
  • 売掛金回収の効率化や前受金の増加が奏功したが、供給制約から棚卸資産は増加傾向

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。 ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kgs-invest.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。
タイトルとURLをコピーしました