決算:ELF 2024Q4

決算

エルフビューティー(ティッカー:$ELF)の2024年度第4四半期決算についてまとめます

finviz dynamic chart for ELF

決算概要

アナリスト予想平均と結果の比較をまとめます。

結果予想判定
EPS$0.53$0.33
売上高$321M
(YoY +71.3%)
$292M
ガイダンス
2025Q1EPS
$3.225
($3.20~$3.25)
$3.56×
ガイダンス
2025Q1売上高
$1.24B
($1.23B~$1.25B)
$1.27B×

業績ハイライト

2024年第4四半期および通期の業績ハイライト

  • 純売上高は前年同期比71%増、売上総利益率は約180ベーシスポイント改善、調整後EBITDAは93%増
  • 2024年通期の純売上高は77%増、売上総利益率は約330ベーシスポイント改善、調整後EBITDAは101%増、シェアは305ベーシスポイント増加
  • 21四半期連続で純売上高とシェアが増加し、高成長企業の一つに

主な成長ドライバー

  • イノベーションによる新製品の成功 (例: Power Grip Primerの売上が二桁増)
  • スキンケアでのシェア拡大の余地が大きい (化粧品の10.5%シェアに対し、スキンケアは2%未満)
  • マーケティングの強化により、Z世代、ミレニアル世代、アルファ世代でブランド認知度を向上

2025年度の展望と戦略

  • カラーコスメ、スキンケア、海外での成長余地を活用
  • カラーコスメのシェアを今後数年で再び2倍にする機会あり
  • e.l.f. SKINとNaturiumでスキンケアの成長を加速
  • 主要な国際市場で成長を継続し、ロンドンに欧州初のオフィスを開設

質疑応答ハイライト

トップラインガイダンスに関して

  • 2024年度のガイダンスは、前年の77%成長に続き、20-22%の純売上高成長を見込んでおり、力強い見通し
  • 第1四半期は通期ガイダンスの20-22%を上回る見通し。Nielsenデータは20%台の成長が続くと予想
  • Naturiumは上期は前年同期比でプラスに寄与する見込み
  • ガイダンス策定のアプローチは一貫しており、四半期ごとに見直す方針

カテゴリー見通しとシェア

  • カラーコスメティクスカテゴリーについては引き続き強気。マスカラーの2年間の累積では依然としてプラス成長
  • パンデミックや物流の混乱などに関わらず、過去21四半期は一貫して純売上高とシェアを伸ばしてきた実績
  • 主要な小売業者との取り組みも好調。ターゲットでは前年比70%増、アルタでは80%増
  • シェア獲得についても引き続き自信あり。今後数年でカラーコスメティクスのシェアを再び2倍に、スキンケアでは大きな成長機会が見込まれる

棚卸スペースの拡大と新規展開

  • ウォルマートでは2024年夏に追加の棚卸スペースを獲得予定。海外ではSuperdrug、ブーツ、メキシコのセフォラでも拡大
  • ナチュリアムは2024年夏にアルタ・ビューティーに初めて導入予定
  • 将来の棚卸スペース獲得は現在のガイダンスには含まれておらず、上振れ要因となり得る
  • アルタ・ビューティーでのナチュリアムの展開については、フルアソートメントを全店で導入予定
  • マーケティング投資の配分については、売上高に対する比率で各ブランドに配分。ナチュリアムはe.l.f.と同程度の比率

マージンと在庫状況

  • 海外事業の拡大に伴い、長期的にはマージン改善の機会あり。米国の関税の影響を受けない
  • TikTokなどのソーシャルメディア環境の変化には機敏に対応。他のプラットフォームでの強みを活かせる
  • 価格決定は主にイノベーションとミックスによる。値上げは将来の選択肢の一つとして残しておく方針
  • 在庫状況は需要増加に対応できるレベルで問題なし。さらなる上振れにも対応可能
  • ホーリーグレイル戦略については、コミュニティからの要望を踏まえて機動的に対応。カラーコスメティクスとスキンケア両方で豊富なパイプライン

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。 ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kgs-invest.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。
タイトルとURLをコピーしました